ということで次は四間飛車編です。相手は船囲い右四間飛車を考えていきますね。この速攻は級位者さんが一番得意としているところでもありますよね。対策としては2つの方法があります。だいたい銀の位置でおぼえるんですが……①▲6七銀型(待機型)②▲5六銀型(相腰掛け ... もっと読む

理想形をおぼえる!まずは、対右四間飛車のための理想形をおぼえましょう。これが理想形!特徴は、銀を▲7七銀とせずに、▲7八銀にして総矢倉っぽく組む形です。これが最強の右四間飛車対策の陣形です。仮に後手が右四間飛車左美濃でもこの陣形で戦えるので応用力が高い。 ... もっと読む

右四間飛車の初手について右四間飛車は基本的に後手の時に使うことが多い戦法です。どうして後手なのかというと・・・対振り飛車と対矢倉で意味合いが違うんですね。対振り飛車の場合▲7六歩△3四歩▲6六歩という序盤から派生することが多いからですね。この赤丸の部分で ... もっと読む

↑このページのトップヘ